ルアーフィッシング初心者必見!!魚を釣るにはどんな道具が必要でおすすめ?

初心者必見
JamesDeMers / Pixabay


 

こんにちは、まさつぐです。

 

今からルアーフィッシングをはじめようと思っているあなた!!

 

大歓迎です!!本当にルアーフィッシングは楽しいですから!!

 

でも、まず何から始めていいのかよくわからないという方は多いのではないかと思います。

 

私もそうでしたから・・・

 

これからお伝えしていく内容を少しずつでも時間をかけてでもいいので読み進めてもらえばあなたもルアーフィッシングフリークになること間違いなしです。

 

今回お伝えしようと思っているのは、

まずルアーフィッシングをはじめるためにどんなものが必要なのか??

 

では見ていきましょう!!

 

魚を釣るにはどんな道具が必要でおすすめ?

 

まずは少しでもアングラー(釣りをする人)に近づくために、

タックル(道具)の呼び方をおぼえていきましょう!!

 

釣り竿(ロッド)

 

ルアーフィッシングをするにはまず釣り竿が必要なのはご存知でしょうが、

釣り竿のことを今日からはロッドと呼びましょう!!

 

ロッドには魚種に合わせて色々な種類が発売されています。

 

初心者から上級者が使用するロッド、

また価格のリーズナブルなものから高価なものまで本当に様々です。

 

ロッド選択については、

あなたがどんな魚を釣るルアーマンになるかはまだわかりませんので、

魚種別にこれから順番にお伝えしていきますね。

 

リール

 

リールについてはルアーフィッシングをする場合、

2種類あります。

 

この画像はスピニングリール

 

もう1つはベイトリール

 

 

この形状の異なった2種類のリールでおもにルアーフィッシングを楽しむのですが、

どちらが必要か??

ということなんですが・・・

 

私には両方必要です!!

 

ただどちらか先に手に入れるなら??

と言われればスピニングリールでしょうね。

 

リールもロッド同様にざまざまな種類が各メーカーから発売されていて、

どんな魚種をターゲットにするかなどからどれを選ぶのか選択していきます。

 

糸(ラインとショックリーダー)

 

リールに巻く糸のことをラインといいます。

 

このラインも様々な種類があって、

素材を選ぶところからです。

 

素材別のメリットデメリットなどはまたお伝えするとして、

最近では画像のPEラインというのが主流になっています。

 

あなたもPEラインをまずは選んだ方が無難でしょう。

 

さらにPEラインをセッティングする際に、

ショックリーダーという別の種類の糸が必要になってきます。

 

素材はフロロカーボンで出来ていて、

用途はPEラインでは魚の歯によるダメージや海の底にある岩などで擦れると切れてしまうんですけどこのショックリーダーはPEラインよりも強靭なので切れないように必要になってくるわけです。

 

だいたい1.5m~3mくらいをPEラインの先でつなぎ合わせ、

使用します。

 

ルアー

 

さてこのルアーフィッシングの主役となるルアーですが、

これこそ多種多様でどれがいいのか最初は全くわからないので順番にわかりやすくお伝えしていくことにしましょうね。

 

形状も魚種によって様々なので、

 

 

こんなのとか

 

 

こんなのとか・・・

 

こちらもどの魚をターゲットにするかによって選択していきましょう。

 

必須ではないけどあると便利なもの

 

本当に何が必要かと言われれば今までお伝えしてきた

・ロッド

・リール

・ライン

・ショックリーダー

・ルアー

 

この5種類。

 

極論、この5種の神器があれば魚は釣れます!!

 

ただ、あればとても便利なものも揃えていくほうが無難なので、

ここでお伝えしておきますね。

 

網(タモ)

 

 

魚が釣れて海から陸にあげようとしても魚が大きすぎて上がらない!!

 

ってことがよくあってその時に必要なのがタモ網。

 

ジギングでターゲットとなる青物や、

シーバスには必要ですが、

エギングやアジングには必要ありません。

 

はさみ(ラインカッター)

 

 

余分なラインなどを切るもの。

 

歯で噛み切れないくらいのものもあるのであればとても便利ですよ!!

 

ラインカッターも色々なメーカーからたくさん出ているので自分の好みに合わせてチョイスしましょう!!

 

フローティングベスト

 

ここ最近、ルアーフィッシングには必須アイテムと言ってもいいかもしれません。

 

フローティングベストはもし海に落ちても浮いてくれるし、

多機能なものが最近多いのでたくさんポケットもあっていろいろなアイテムを収納、

持ち運びすることが可能になります。

 

私もフローティングベストを着るのに最初はとても抵抗があったのですが、

着てみるとなくてはならない存在となりましたね。

 

手袋(フィッシンググローブ)

 

 

 

PEラインを使用するときには着けた方がいいでしょう。

 

ラインで指先を切ってしまって怪我をするのを防ぐためには必要です。

 

他にもあったらとても便利なものってたくさんありすぎて・・・

 

お伝えしきれませんが、

予算に余裕がある方はいろいろなアイテムを手に入れていけばいいのですが、

そんな人ばかりではありませんよね。

 

タックルで1番必要なのは???

 

では1番何にお金をかけるのがいいのか??

 

これは人それぞれ考え方は違うと思うのですが、

私個人の意見としては1番お金をかけるのはリールです。

 

ルアーフィッシングと他の釣りとの違いは、

ルアーフィッシングは常にリールを巻いてルアーを魚が泳いでいるかのように見せる必要がありますよね。

 

なので海についてキャストを繰り返し、

釣りを終え家に帰るまでずっとリールを巻いているわけです。

 

そのリールを巻いているときに変な音が鳴っていたり、

一定のスピードで巻けなかったりするととてもストレスを感じます。

 

なので自分に合った、性能の良いリールを必ず手に入れましょう。

 

人によってはロッドが重要だという方もいますが、

ロッドは安いものでも十分コスパが良いものもあるのでそれほどルアーフィッシングをはじめたばかりの時はそこまでこだわらなくてもいいのではないかと思います。

 

さいごに

 

今回は、今からルアーフィッシングをはじめるためのタックル(道具)についてお伝えしてみました。

 

これからはまず、どの魚をターゲットにしていくのか?を決めていきましょう。

 

ターゲットが決まればどんどんまさつぐブログを読み進めていただければ、

ルアーフィッシングにはまってしまっていくことでしょう。

 

ブログの更新は不定期にはなっちゃいますが、

楽しみにしていていただけたらとてもうれしいです。

 

以上、まさつぐでした。

 

最後まで読み進めていただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました