シーバス初心者におすすめタックルは?釣れないのはリール選びのせい?

初心者必見

こんにちは、まさつぐです。

 

シーバスをルアーで釣るにはどうするの?

 

そう悩んでしまっている初心者の方は多いのではないかと思います。

 

私はシーバスフィッシングを始めた理由は

とても手軽だからです。

 

ロッドにリールを付けて

ラインの先にルアーを付けるだけ!!

 

そう!!

 

餌を付けないので手を汚すこともありません。

 

もう1つは引っ越した先が海に近かったから。

 

たったこの2つの理由でシーバスフィッシングを始めようと思ったわけです。

 

引っ越した頃は全く知りませんでしたが

住んだ家の近所はシーバスがとても釣れることで有名なポイントでした。

 

しかし・・・

 

始めたばかりは誰の教えを乞うこともなく

見よう見まねで始めたので

そう簡単に釣れることもなく・・・

 

ただキャストして自己満足に浸っていたような気がします。

 

あなたが私と同じ境遇化はわかりませんが

シーバスフィッシングを始めた

また始めようとする人は大歓迎です!!

 

やっぱりシーバスを釣り上げたときの喜びは

言葉では言い表せないし

自分が考えたてた戦略でシーバスが釣れると

本当にうれしいものです。

 

シーバスフィッシングだけではなく

釣り全般に言えることですが

お金があればたくさんのタックルを購入し

高価なロッドやリールを買いあさり

いろいろと試せばいいでしょうが・・・

 

ほとんどのアングラーはそんなわけにはいきませんよね。

 

小遣いや趣味として使えるお金の中で

タックルを少しずつ揃えていくという人が多いのではないかと思います。

 

なので初心者におすすめなタックルなどをご紹介していきたいと思います。

 

シーバス初心者におすすめタックルは?

 

私はもともと人よりもタックルが好きなので

たくさんのロッドやリール、ルアーを

購入し愛用してみました。

 

もちろんリールで言えばダイワのEXISTや

シマノのSTELLAも使用してみて

最高のリールだなあって・・・

 

アブガルシアのリールを買ってコスパいいなあとか

色々感じてきましたが

そのなかでもシーバスフィッシングのタックルについて

思うことは各メーカーから発売されている

最上位モデルは必要ないということです。

 

もちろんお金があればEXISTやSTELLA、

シーバス専用のMORETHENなんかを買えば

何のストレスもなく釣行に出かけ

満足にキャストできるでしょう。

 

しかし、釣果には直結しません。

 

なぜならタックルと同じくらい釣果に大切なのは技術だからです。

 

聞こえはとても悪いかもしれませんが

各メーカーから発売されている『中の上』で十分ですよ。

 

なので初心者にとってコスパがよく最適なタックルを

順番にご紹介していきましょう。

 

初心者におすすめタックルロッド編

 

私は常日頃からタックルにお金をかけるなら

1位はリール

2位にルアー

3位にロッド

と感じています。

 

これは人それぞれ違うと思いますが

シーバスにコンタクトするには

やっぱりリールをストレスなくキャストしリトリーブする

というのが重要だと思うからです。

 

なのでロッドはコスパだけを重視し

そこまで高価なものはいりません。

 

おすすめ①:APIAグランデージSTD.76L

 

APIAのロッドは他のアングラーとあまり被ることがなく

自重も130gとサイズの割には軽量を実現しています。

 

価格帯も23000円前後で購入できるし

このシリーズでのL(ライト)は5g~21と

幅広い重量のるあーをきゃすとできることもみりょくの一つです。

 

APIAのロッドはビジュアルも他のメーカーとは違う

かっこよさも体感でき

人と違うものが好きな方にはよいのではないかと思います。

 

おすすめ②ダイワ RATEO90M・Q

 

このクオリティのロッドが20000円以下で買えるというのが驚きで

ダイワといえば屋は路モアザンシリーズと思いがちですが

モアザンと同じく軽量化を実現していて

自重は148gと9ftのロッドでは軽量ですね。

 

ダイワのM(ミディアム)のロッドの特徴は

幅広い重量のルアーをキャストできることなので

このRATEO 90Mも10g~50gと

圧倒的バラエティに富んだルアーをキャストできることも魅力。

 

おすすめ③メジャークラフト クロステージCRX-90ML

 

10000円以下でロッドを見つけたいならぜひこれを!!

 

何といってもコスパ最強です。

 

剛性も柔軟性も他のメーカーで作れば20000円を超えるものが多い中

何と10000円以下でこのクオリティ!!

 

ML(ミディアムライト)なので10g~30gをキャストできるので

表層を探る軽めのポッパーから

重量のあるバイブレーションまでキャストできます。

 

初心者におすすめタックルリール編

 

タックルの心臓部であるリールは少しお金をかけて

末永く使用するのがベター。

 

よいものは長く使えるので

メンテナンスをして愛用しましょう。

 

おすすめ①シマノ ヴァンキッシュC3000XG

 

シマノのキャスティングリールの中で最上位モデルは

ステラですが

ステラをもしのぐヴァンキッシュ。

 

今のモデルが出て衝撃的なクオリティと

スタイリッシュなビジュアルで話題になりました。

 

これから長く人気モデルとして君臨していくでしょう。

 

価格は47000円前後と少し高価なリールですが

10年以上愛用できる剛性と耐久性を持ち合わせているので

最終的にはコスパは高いかもしれません。

 

おすすめ②ダイワ セルテートLT2500S-XH

 

おなじみのセルテートシリーズ。

 

とにかく壊れない!!

 

というのが素晴らしい。

 

1つ前のシリーズのシルエットは少し若者向きで

派手な感じはありましたが

今回発売された最新モデルは落ち着いたデザインで

万人受けするデザインになりました。

 

おすすめ③APIA ベンチュラ3012

艶消しボディがなんとも美しいAPIAのベンチュラ。

 

あまり釣り具ではお見掛けしませんが

生で見ると本当にリールなの?と思うほどのデザイン性。

 

ポイントでキャストしているともしかすると2度見されるかもしれません。

 



 

さいごに

 

初心者の方には度のタックルを愛用するかは

なかなか決められないと思いますが

そこまで高価なものを購入せず

あなたに合ったものを探すことを優先していきましょう。

 

安いタックルからはじめてどうせどんどん良いものが欲しくなるでしょう。

 

やっぱり良いものを使用するとモチベーションも上がり

キャストするときのストレスは大幅に軽減されますが

タックルに見合った実力をつけることも必要です。

 

釣りに出かけても

すごく良いタックルを使っても釣れていないアングラーも

たくさん見かけるでしょう。

 

タックルに合った実力がないと恥ずかしいですよね!!

 

まああなたはすぐにシーバスは釣れるでしょうから

もっと良いタックルがすぐに必要になるでしょう!!笑

 

以上、まさつぐでした。

 

最後まで読み進めていただきありがとうございました。

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP