【初心者必見】ルアーロッドの長さで飛距離は変わる?おすすめの長さは?

初心者必見

こんにちは、まさつぐです。

 

今回はルアーロッドについてお話していきましょう。

 

たくさんのメーカーから数えきれないほどの種類が世に出回っている

ルアーロッドですが

あなたに合ったルアーロッドはもう見つかりましたか?

 

高価なものを買えばそれでいいのかもしれませんが

探せばコスパが良いものって見つかりますよ。

 

少しでも参考になればと思い

ルアーロッドの長さで飛距離はどう変わるのか?と

おすすめの長さを魚種ごとにご紹介していきましょう。

 

ルアーロッド

 

ルアーロッドってひとくちにいっても

色々な魚種、シチュエーションによってたくさんの種類がありますね。

 

フレッシュウォーター、ソルトウォーター

ボート用、陸用などなど

 

ザックリ言うとロッドの長さと硬さなどがいろいろあるわけですが

基本的にシチュエーションによって一般的には適したロッドの長さは

決まっています。

 

例えば陸からのシーバスロッドは7ft~9ft前後、

陸からのエギングロッドは7.4ft~9ft前後のように。

 

ただこれは基本的な常識!?みたいに誰かが決めたもので

もし余裕があればこの常識に反発してみましょう。

 

私は陸からのシーバスロッドとして11ftのロッドを購入し

愛用してみましたが

結構しっくり来ていましたよ。

 

たかが誰かが使いやすいから

たくさんの人が使いやすいから基本的なサイズって決まっているわけですが

あなたに合うかはわかりませんからね。

 

なんでも基本的なサイズから選ぶというのが常識ではありますが

色々試してみることで

自分に合ったものやこのシチュエーションに適したロッドなど

深い知識で見つけられるんですよ。

 

まあたくさんロッドが増えてしまいますが・・・

 

ルアーロッドの長さで飛距離は変わる?

 

ではルアーロッドは長さで飛距離が変わるのか?ということなんですが

半分正解で

半分不正解です。

 

まずこれは1つの意見として見ていただければ嬉しいのですが

いろんな人がこのロッドの長さと飛距離の関係については

賛否両論!!

 

例えば

同じルアー・同じリール・同じラインを使用する場合

やわらかいロッドの方が飛距離が出る。

 

また

 

同じ硬さのロッドならフィート長くなっただけでは

飛距離は数十cmしか伸びない。

 

こう話していた有名なプロアングラーがいます。

 

これをディスるつもりは全くありませんが

私の意見とは違うな!?って

 

私の経験上、

1フィートロッドが長くなると数m飛距離が上がっているような気がします。

 

またロッドの硬さは柔らかいほうが飛距離が出ると感じたことはなく

硬いほうがいいとは言いませんが

ロッドの硬さ『L』よりも『ML』の方が飛距離が出ている気がします。

 

これは初心者の方にはわからないかもしれませんが

キャストのスタイルが違うからかもしれません。

 

ロッドが長くなればなるほどとまではいいませんが

1フィート伸びれば確実に飛距離は上がると私は感じていますよ。

 

ただ、この意見は私のたわごとですけど・・・

 

ルアーロッドのおすすめの長さは?

 

ルアーロッドを選ぶときの1つの選択肢が長さというだけで

ルアーロッドを真剣にあなたに合ったものを見つけだすには

硬さ、重さ、ルックスなどなど

色々あります。

 

ですがここでは魚種ごとに長さだけに特化したおすすめをご紹介します。

 

エギングロッド

 

エギングロッドは8.6ftが鉄板ですね。

 

こちらはエメラルダス86M・Vですが

15000円以下で購入できるし

コスパもいいです。

 

ただ女性の方や少し小柄の方は7.6ftを選ぶのもありです。

 

 

 

 

 

シーバスロッド

 

シーバスロッドのおすすめ長さは10.6ft

 

ダイワのラテオ10.6MLですが

少し長めのロッドを使う方が飛距離も出ますし

慣れればベストな長さではないかと思います。

 

あなたのフィールドがキャストスペースが狭ければ

使いにくいかもしれませんが・・・・

 

ショアジギングロッド

 

ショアジギは陸から、又は磯からキャストするジギングですが

おすすめの長さは10.6ftです。

こちらはAPIAのグランデージ10.6Mですが

ショアジギロッドは少し重いので11ftならキャストに

ストレスを感じ

疲れを感じる場合があるので

少し短めの10.6ftが使いやすいと思います。

 

まとめ

 

どの魚種を狙うかでロッドの種類や長さは違いますが

まずいろいろな長さのロッドを経験して

あなたに合ったロッドを見つけ出しましょう。

 

長すぎず短か過ぎず・・・

 

後は硬さやしっくりくる重さなどを考え

長く愛するロッドを見つけましょう。

 

人から聞いた話だけをうのみにせず

あなた自身も色々と冒険し

ロッドを探していくべきです。

 

以前もお話ししましたが

ネットでルアーフィッシングのことを書いている人が

本当に魚を釣っているのかはわかりませんので

参考になるかは???

 

あなたに合うロッドを見つけて

少しでも多くバイトが巡ってくることを願っています。

 

以上、まさつぐでした。

 

最後まで読み進めていただきありがとうございました。

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP