シーバスをワームでって邪道?おすすめジグヘッドとアクション

こんにちは、まさつぐです。

 

まだまだコロナウィルスの影響で外出自粛という状況。

 

仕事もままならないという方も多いのではないかと思います。

 

できるだけ外出を避けてはいるけど

ずっと家にいてもストレスがたまる一方・・・

 

新しいタックルが欲しくてたまらないけど

なかなか釣具屋さんにも行きづらい・・・

 

でも行きたい!!

 

我慢できずに家の近くの某有名釣具屋さんへ

少しでも人が少ない時間を狙って行ってきました。

 

普段はシンペンからバイブ、ビックベイトに至るまでチェックしていると

何時間でも釣具屋さんにはいてしまいがちですが

今回に限り

30分と決めていろいろとみることにしました。

 

そこで目に留まったのは

新製品のルアーではなく

ワームやジグヘッドたち・・・

 

 

 

 

個人的にはCOREMANのルアーが大好きで

PB-20とかゼッタイなどなど

たくさんのヘビーローテーションたちがケースにいるのですが

このVJ-16(バイブレーションジグヘッド)を気にかけたことありませんでした。

 

でもなんだか気になってしまったので

3色購入しました。

 

それ以前からCOREMANのアルカリは

使用していて

結構湾奥でのバチ抜けには重宝していたんです・・・

 

そこでふと

 

『シーバスってワームでアリ???』

 

って思って

ワームをヘビーローテーションしたことないなあ??

 

そこで今回は

 

シーバスをワームでって邪道?

 

いやいやそんなことないでしょう!!

 

ってことをお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

シーバスをワームでって邪道?

 

先ほども言った通り

シーバスをワームって邪道ではありませんよね。

 

私個人的に昔から

ブラックバスのルアーはシーバスに使えるの多いんじゃないの??

 

って思っていて

スピナーベイトとかも1度試そう試そうと思いながら・・・

 

時が流れてしまっております。

 

おそらくブラックバスとシーバスでは

リアクションが少し違うでしょうから

アクションを変えないと難しいのかもしれません。

 

またフレッシュウォーターとソルトウォーターの違いもあるので

そこら辺をよく考えていかないといけないかもしれませんね。

 

ちなみに

私はルアーをたまに自作しているので

某有名ルアーをまねて

重心を少し変えた方が釣れるのではと思い

作ってみました。

 

試作段階でその有名メーカーのルアーの重心が気になり

ダメもとでメーカーに問い合わせたところ

すごく快く

また詳しく重心やバランスに関して教えてくださいました。

 

本当にあの時ありがとうございました  (笑)

 

だいぶ話がそれたので

いったん戻って

ブラックバスとシーバスのお話。

 

そうそうワームに関してもブラックバスでのアクションでは

シーバスが反応しないかもしれないでしょう。

 

ベイトを意識してみてみると

ミミズやゴカイなんかとのマッチベイトというよりも

スイムベイト系としての使用が最適かもしれませんね。

 

現に

各メーカーもスイムベイト(イワシとかイナッコ)よりのワームが多いんではないかと思います。

 

 

 

 

ジグヘッドを装着して

トゥイッチでバイトさせるイメージですかね??

 

 

 

 

 

マルジンはシャッドワームなんかも作っていますしねえ。

 

ただコスパ的にはどうなんでしょう?

 

確かに私も初心者の頃は

よくルアーをなくしたり橋脚にあてて壊れてしまったり

また、結び方がまずく飛んで行ってしまったり・・・

 

ありましたねえ。

 

でも今はルアーをロストすることが極端に減ったので

もしかするとワームを使っている方が

コスパは悪いかもしれません。

 

シーバスと激しいバイトしたら

もうアルカリがぐちゃぐちゃに・・・

 

なんてこともあったりするので。

 

どっちなんでしょうか??

 

ただ

ワームの利点は

使用できるシチュエーションがハードルアーに比べて

各段に多いことですね。

 

普段湾奥に行く方でも

ボートシーバスでも

岸壁でも

なんでも使えちゃいますし

真下にも落とせちゃうし。

 

確かに今思うと

どうしようもないときにワームがケースにあったら

とても便利なのかもしれませんね。

 

おすすめジグヘッドとアクション

 

ワームやジグヘッドのおすすめを

ご紹介しておきましょう。

 

ハードルアーが高いと感じる方や

ハードルアーでなかなかバイトがないかたなんかも

少し目先を変えて

ワームやジグヘッドを選んでみてはどうでしょう。

 

  1. COREMAN アルカリ

 

 

 

こちらは私の中ではワームとしては王道の1つです。

 

 

 

 

基本的にはこちらのパワーヘッドを装着して使用します。

 

このアルカリのアクションはとにかくタダ巻き!!

 

これがこのアルカリの最大の特徴でタダ巻きで驚くほどバイトしてくる。

 

さらに水深があるところではジグのようにアクションさせても

かなりの確率でシーバスがコンタクトしてきます。

 

まあシーバスがいればの話ですが・・・

 

またアルカリの少しサイズが小さい

 

ミニカリ

 

 

 

 

こちらはマイクロベイトやバチ抜け時には4番級の活躍を見せてくれます。

 

一度お試しください!!

2.DAIWAモアザン SD-ロデム 14g

 

 

 

 

このソルトワームを使用している人はあまり見かけない気がしますが

こちらもよくできたルアーで

スローなリトリーブで絶大な信頼感があり

水平に保ってくれます。

 

食いが悪い時でも

シーバスがおびき出されてくるようなイメージで

私個人的にデイゲームに非常に相性がよく

よくバイトを演出してくれます。

 

3.ソルザ ピンテール3インチ

 

 

 

 

こちらは私の釣り仲間Mさん愛用のスイムベイト。

 

特にアカキンは鉄板で

Mさんだけが釣果が上がるときには

必ずこれでバイトさせています。

 

私はMさんと被りたくないので絶対に買いませんけど・・・

 

こちらもアクションはタダ巻きが理想。

 

流れがあるところでも

バランスをキープしてくれるので

本当にイワシが泳いでいるかのように見えてしまいます。

 

まとめ

 

今回はワームやジグヘッドのことについて少しお話してみました。

 

ルアーマンはいろいろな引出しを持つことで

釣果につながると思います。

 

まだワームを使っていない人は

ぜひ一度試してみてください。

 

もしかすると

あなたのヘビーローテーションの1角を担ってくれる存在に

なるかもしれませんよ。

 

ぜひこれからの釣果につながることを願っています。

 

まさつぐでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ではまた!!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP